« 【ヤマザキ】 ランチパックは危険!? | トップページ | 言葉の力 ~感謝と悪口~ »

2012年12月20日 (木)

ベジタリアンの悪役レスラー キラー・コワルスキー 【享年81】

こんな人見つけましたshine 「菜食主義のモンスター キラー・コワルスキー

Img587203411

2012年11月17日 朝刊 週末be よりclover

(平川克美の路地裏人生論)ある伝説的レスラーの死

 確か北京五輪の頃である。その日の朝刊はある「伝説の死」を伝えていた。
しかし、「伝説の死」にしてはあまりにも小さく痩せこけた扱いであった。そりゃ、そうだろう。このひとの名前を何人の日本人が記憶しているだろう。若い方々には、見たことも聞いたこともないひとりの外国人レスラーである。

彼の名前は、キラー・コワルスキー。「殺人鬼」「死神(しにがみ)」と呼ばれた往年の名レスラー。school中学校に入りたての頃だったと思う。わたしは、tvテレビで初めてこの「死神」が力道山と戦う場面を見た。

 karaoke「彼は菜食主義なんですよ。だからコンディションはいつも最高なんです」という解説者の意外な言葉。

 「何で彼が菜食主義になったのかというと、トップロープから落下するフライング・ニードロップで相手の耳をそぎ落としてしまい、それ以来肉が食えなくなったからなんですよ」

 それ以来、中学生のわたしにとって、キラー・コワルスキーは伝説になった。彼が、プロレスのワールドリーグ戦では、ポーランド代表(実際にはポーランド系カナダ人)であるというのも、お隣の国のドラキュラを連想させてこの伝説に陰影を与えていた。実際、コワルスキーはレスラーにしては細身で、陰鬱(いんうつ)な顔をしていた。
ヒール(悪役)
として登場したが、ストロングスタイルで闘っても十分通用する実力の持ち主だった。彼がトップロープに立ち、相手の顔面すれすれに膝(ひざ)から落下してくるとき、わたし(たち)は、思わず目を瞑(つむ)り、息をのんだものである。

 勿論(もちろん)、earこの伝説を作り上げた逸話は、ほとんど全てが誇張であり、出鱈目(でたらめ)であった。コワルスキーのニードロップで、耳をそがれたユーコン・エリックというレスラーは確かに存在していた。ただ、耳そぎ事件はシューズの紐(ひも)が耳に絡んで起きた不幸な事故であったらしい。

  確かに彼は菜食主義だったが、それは肉を思い出すのが嫌だったからではなく、もともと菜食主義者だったからである。健康に気を使う、心優しいカナダ人というのが、彼の本当の姿だった。彼は三十年間日米のマットを中心に活躍したが、引退してからの動向については全く情報がない。調べて見ると、その後、マサチューセッツ州でレスリングトレーナーとして幾人ものレスラーを育て上げたそうである。享年81だから、大往生といっていいのかもしれない。

 菜食主義が幸いしたのだろうか。ヒーローが、超人的な力を失った後にnight 悲惨な晩年を過ごすのを見るのはあまり嬉(うれ)しいことではない。ボディーガードになって、恐喝で逮捕され、転落の人生を送るといったボクサーの例をわたしたちは随分目にしてきた。

「死神」コワルスキーの後半生は、素晴らしい平凡さに彩られているように見える。

転載終わり゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°heart

02

以下補足downwardright 速達時事ニュースブログ より。

  • アントニオ猪木がキラー・コワルスキーの筋肉に憧れていたことを、村松友視の対談で語っていたことがある。

  • 全米でも指折りのヒールとして活躍していたが、普段は人一倍他人に気を遣う繊細な人柄だったと伝えられている。耳そぎ事件の直後、事故とはいえユーコン・エ リックに重傷を負わせてしまったショックから「俺は取り返しがつかない事をしてしまった」とひどく落ち込んでいた。その事を知ったユーコン本人から「あれ はアクシデントだ。俺は気にしちゃいない。だからお前も気にするな」と誰よりも先に慰めの声をかけられ、ショックから立ち直る事が出来たという。

Kyushoku_de_shinu

以上転載終わりwink

さて今book給食で死ぬ!!―いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!」を読み始めて止まっているのですが、

大塚先生のトークショーのDVDも付録で付いていてcd 肝心の大塚先生のところはまだ見てなくてcoldsweats01 出だしのゲストトークをちょっと見たのですが。

現役のプロレスラーでありながら、東京・文京区議会議員shadowというkaraoke 西村 修さんという方が出てきました。

Cimg4371_2


何とこの方sign03 ベジタリアンっぽいですclovershine
自身のガンをriceball玄米菜食で治したそうで。
プロレスラーとしてpig肉や牛乳をガンガン食べていた時もはるかに体調が良く、「この10年風邪もひいてない」とかsun

下腹部がんからカムバック 気づかされた「食の大切さ」 西村修さん(40)

自らのレスラー生命を救った一瞬の決断 後腹膜腫瘍を克服したプロレスラー・西村修

fuji行政レベルで食事を変えていくことが国の発展につながると、政策の第一マニフェストとしてrestaurant学校給食を変えていくという事を掲げ、school給食を変えることで子供達の未来を変えたいsign03と熱く語っておられましたshine
karaoke 動画貼りたかったけど、その動画はpcweb上に無いや残念

本会議で文京区では3か所でしか、放射能を検査していなかったのそうなのですが、あちこちで測ってdanger安心させるようにとgemini99%の議員が放射能で騒いでいる中、paper最後に一人発言された西村さん。

放射能測定しても数字は変動するし。ガン患者にとってhospital 検診は検診にすぎず治らない。
数値ばっかりに気をとられるよりもup自らの自己防衛能力、免疫力を高めること。
今こそriceball子供達の食生活を改善することに、まっさきに取り組んで欲しいsign01shineと言ったそうです。

素敵だわーっsign03 lovely 東京が地元だったら、是非ご挨拶に行きたい方ですねchick (ベジ漫画差し上げたいshine)

あ、ちなみにこの本book 字は大きめでイラストも入ってますがcoldsweats01 (そしてまだ途中読みですが) 是非good お勧めです(◎´∀`)ノ

ランキングに参加しておりますdownwardright 応援よろしくお願いしますdog
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

|

« 【ヤマザキ】 ランチパックは危険!? | トップページ | 言葉の力 ~感謝と悪口~ »

最新ベジ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ヤマザキ】 ランチパックは危険!? | トップページ | 言葉の力 ~感謝と悪口~ »