« 【京都】 1/23 (土)佛教大学で講演会「精進食とベジタリアン運動」開催☆ | トップページ | 【電子書籍】 毛皮反対絵本「赤い目のおひめさま」イラストも新たに…復刊!! »

2015年12月23日 (水)

DAYS JAPAN 1月号にて❤ 妊娠ストール特集「動物福祉「超後進国」日本 苦痛だらけの豚の一生」!!

月刊誌 DAYS JAPAN の1月号が、12/19(土)に発売されました!!

特集「動物福祉「超後進国」日本 苦痛だらけの豚の一生」は、

文/ アニマルライツセンター代表です…!!

ってことで、早速 買ってきました…sign01ヾ(o´∀`o)ノ

ファストファッション映画「ザ・トゥルー・コスト」の特集も6P!

妊娠ストール特集も 6P!


presentこれは、買いだーっ!!!!shineshine

12391398_881915945255826_1065226332

12373424_881915961922491_7415282044

公式サイトはこちらから: DAYS JAPAN 世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌

1919232_881915988589155_25581227319

「ザ・トゥルー・コスト」は、名古屋ではシネマテークにて1/16(土)より1週間上映☆ (後に、大阪・京都上映予定)

12369208_881916011922486_1807884260

 

「「殺される命だからどう扱ってもいい」などという考えは通用しない」

どうか目を背けないでください。ちょっと長いですが書きます。先日発売になったDAYS最新号では、動物福祉「超」後進国日本、絶望の豚舎 として、日本で食肉にされる豚たちの苦痛だらけの現状を紹介しています。サブタイトルは「どうせ殺される命だか...

Posted by 世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」 on 2015年12月21日

12月19日に発売された、DAYS JAPAN1月号に、アニマルライツセンターで書かせていただいた豚の記事が掲載されました。豚たちの本当の姿、そして母豚の置かれる現状と、肉にされるその子どもたち。ぜひ書店や下記のWEBサイトからお買い求...

Posted by Animal Rights Center on 2015年12月19日

以下、NAGAIproさんよりxmas

10802003_815428975186780_79506017_3

死体の晩餐

陰謀論という言葉を最近よく聞きますが

陰謀論を語るならば肉食を避けては通れない事を知ってください。

畜産産業とは一部の人間の権力を集める策略の元に発展してきました。

物言えぬどうぶつをエサにして人間を釣り、金を払わせ肉を喰らわせ、人類を病に陥れ、医療に金を使わせて、

世界中から金を集める事に成功した、これが畜産産業の実態です。

そしてそこで働く人々は何も知らないので日々真面目に従事します。

肉は栄養素だ、元氣になるなど、口当たりのいい適当な文句で私達は騙されます。

畜産業界はメディアと学校教育と学問(栄養学)を駆使し、私達に肉食奨励を仕掛けることに成功しました。

下記の問題は全て「肉を食べる」から起こっているという事を知ってください。

森林破壊。

途上国の飢餓問題。

アマゾンの砂漠化。

どうぶつの無差別殺戮。

精神の崩壊と凶暴化。

犯罪や殺人。

負のカルマ。

アメリカによる日本人家畜化。

歪曲される日本の歴史。

血液の汚染。

臓器の腐敗。

ガン。

アルツハイマー。

アトピー、アレルギー。

ありとあらゆる病氣、老化現象。

挙げていくときりがありません。

肉は100も1000もの害があって一利も無しです。

肉を食べると身体は酸性化し、腸内に残留して腐敗し、腸と血液を汚し、発がん物質を生み出す、など。

肉による健康被害は覿面です。

更にその汚染された血液は脳にも運ばれますので、精神の破壊を招き、凶悪犯罪をも引き起こします。

また、近年アルツハイマーが急増していますが、これは狂牛病だと言う説もあります。

アルツハイマーと狂牛病の症状は非常に似ています。

狂牛病はそもそも、牛が肉骨粉として仲間の死体を食べさせられた事から発症した病氣です。

脳がスポンジ状に変形し、精神崩壊が始まり、氣が狂い死んでいきます。

共食いをするから精神崩壊するのです。

それは共食いがこの世の摂理に反しているからです。

牛も豚も犬も羊も、人間と同じ哺乳類。

彼らを食べるという事は、人間にとってまさに共食い以外の何ものでもありません。

私達がご馳走だと思っていた肉は、実は仲間の遺体の一部であり、私達の食卓は長年、死の晩餐だったのです。

そんな晩餐を毎日長年続けていて、病氣にならないはずがありません。

この写真の赤ちゃん豚は養豚場で産まれ、生後間も無く殺されました。

まるで雑巾のように、床に叩きつけられ、まだ息がある中、身体を痙攣させながらこの後みんな息絶えていきました

この子達が食べ物に見えますか?

あなたは今日も明日もまだ死体を食べ続けますか?

記事全文はこちら

http://nagaipro.com/an/?p=37374

NAGAIpro

http://nagaipro.com/

転載終わり。もういっこ、NAGAIproさんよりbirthday

10931341_858856987510645_3890012147

クリスマスは怖い罠?

低体温にさせる?クリスマスはその代表!?

チキンやターキーがご馳走?

そもそも西洋の行事は動物を食べる残酷なものが多い。

鶏肉の脂は飽和脂肪酸、鶏は40℃もある高温動物なので

最近の36℃も無いような人間の体内(血液)に入ると著しく血液を汚す。

そして更に血液を汚すのは白砂糖まみれのケーキ!

これをダブルで一氣に食べさせる日。それがクリスマス。

血液を汚したら低体温になる。

「メインディッシュはチキンでね」なんてことを言っている家庭は洗脳一家そのもの。

高温動物の脂と白砂糖や人工甘味料や着色料のケーキをふんだんに摂る。

翌日の日本列島は、ダルさに苛まれた低体温人間と、

そして便秘、または真っ黒なウンコ(極めて不健康な色)をする腸内が汚れた日本人だらけとなる。

そしてガン患者が今も急増している。

和食の発酵食品を重んじていれば、これほど多くの日本人がガンにはならなかった。

低体温は意図的に仕掛けられている実態に氣付きましょう

日本人が氣が高く、優しく、優秀で、平和で、礼儀正しかったのは、食べ物にあったのです。

日本の行事を見れば一目瞭然。

とっても優しいものを体内に入れていた!

日本は西洋みたいに、鶏じゃー豚じゃー牛じゃーなどと言って、哺乳類などの仲間を殺して食べる民族では無かった

それがクリスマスなどの洗脳行事をドンドン盛り上げる仕掛けに乗って、メンタリティの低い日本人が増産されている。

ハロウィンって、いつからあんなに盛り上がったの!?

もっと日本の行事を大切にしよう。

日本の行事食は本当に素晴らしいものが多い。 

●1月

正月 1日~7日 おせち料理 雑煮 お屠蘇。

人日 7日 七草粥。

鏡開き 11日 おしるこ。

小正月 15日 小豆粥。

二十日正月 20日 小豆粥。

●2月

節分 3日 福豆  恵方巻き(鰯)。

初午 4日 いなり寿司。

●3月

桃の節句 3日 ちらし寿司  蛤のお吸い物

白酒 菱餅 ひなあられ。

彼岸 21日 ぼた餅。

●4月

花祭り 8日 甘茶。

花見 花見団子。

●5月

端午の節句 5日 柏餅 ちまき。

●6月

夏至 21日 タコ(関西地方)。

●7月

七夕 7日 そうめん。

お盆 15日 精進料理  白玉団子、そうめん 型菓子。

土用の丑の日 29日 うなぎ  土用餅 土用しじみ、土用卵 「う」のつく食べ物。

●8月

お盆(月遅れ) 15日 精進料理  白玉団子、そうめん 型菓子。

●9月

十五夜 8日 月見団子 栗ごはん  豆、里芋。

重陽の節句 9日 菊酒  栗ごはん。

彼岸 23日 おはぎ。

●10月

十三夜 6日 月見団子 栗ごはん  豆。

●11月

七五三 15日 千歳飴。

●12月

冬至 22日 かぼちゃ 小豆粥。

大晦日 31日 年越しそば。

こうして見ると、つくづく日本って本当に優しい国だったんですね。

こんな身近な話からも、洗脳社会にされた事実が見え隠れします。

こんな、身近で大切なことを知る、取り戻すことが必要だと感じます。

NAGAIpro代表 永伊智一

NAGAIpro

http://nagaipro.com/

転載終わりbell

自由思想家 Freethinkers Japan ― 反ヒト中心主義 さんより。その通りだ~shine

「 情報の時代に、無知は選択だ 」

1935585_607031192769442_83952427889

今日はヤフーニュースに上がっていました。

pig 養豚場が全焼 ブタ1000頭死ぬ | 2015年12月23日(水) - Yahoo!ニュース

リンク先の映像に、妊娠ストールが見えますね。

これで悲しいのは、「かわいそう」というコメントが普通に入っていることです。

ビックリするよね coldsweats02  畜産業を支援してるのは、一体、誰なのかな…sign02

異性も知らず、機械にレイプされ、身動き出来ない檻の中で、命を散らした若いお母さん豚達cherryblossom

どんなに熱かっただろう。苦しんだだろう。

お肉をやめるよりも、罪悪感から逃れる方が、大変だと思います。

やめられなければ、restaurantお肉を食べるのは週一だけにするとか。

bud先んずは、それでも良いと思うのね。

そして、アニマルウエルフェアに賛同出来ない、アニマルライツもいるみたいですが。

欧米ではアニマルライツとアニマルウエルフェアの間に、ニューウエルフェアイズムがあるそうです。

動物利用の廃止を目標としつつ、到達までには長時間を要する認識のもと、

具体的な、動物の待遇改善を確実に獲得していく。

ということだそうですconfident

 

アメリカの友人曰く。アニマルウェルフェア商品が増えると、動物性食品の消費が増えるということもあるみたいですが。

いつか家畜制度は全廃するから、それまで君達、その環境下で犠牲になってねとは私は言えません。

消費を減らそうと訴えること。

アニマルライツも、アニマルウェルフェアも。

誤解を恐れずに、どちらも発言していきたいと思います。

一般的に受け入れられやすい問題は、それがキッカケにもなりうるからね。

10391464_492404447562758_4423824969
どうぞ、xmas犠牲のない命にやさしいribbon クリスマスをdiamondshine

( ・∀・)ノ*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.・゚☆Merry X’mas☆*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.・゚

|

« 【京都】 1/23 (土)佛教大学で講演会「精進食とベジタリアン運動」開催☆ | トップページ | 【電子書籍】 毛皮反対絵本「赤い目のおひめさま」イラストも新たに…復刊!! »

アニマルライツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【京都】 1/23 (土)佛教大学で講演会「精進食とベジタリアン運動」開催☆ | トップページ | 【電子書籍】 毛皮反対絵本「赤い目のおひめさま」イラストも新たに…復刊!! »