« 【富山県】 3/21(水・祝) 富山初ベジフェス☆「Vegan Fest Toyama」開催!! | トップページ | 【漫画】アニマルライツでGO!vol.1 アニマルライツセンター会報 『ARC NEWS』2017春号より☆ »

2018年3月20日 (火)

【名古屋】4/1 (日) ビーガンお花見会 開催☆彡 @鶴舞公園

菜種梅雨ですね~rain

※ 3月下旬から4月上旬にかけて、菜の花(別名 菜種)の咲いている時期に降り続く雨のこと。

只今 雨降ってますが、この日には晴れていると思いますcatface

Photo

最初に活動していた「名古屋ベジ部」の時に、仲間達と例年開催していたお花見。

例年 寒すぎるのもあり、途中から 開催していませんでしたが(笑)

(*゚▽゚)ノ  温かい頃を狙って開催です clover

.

book世界を変えたくて僕を変えた」の、最後の舞台にもなった鶴舞公園。

私も、沢山の思い出を重ねた場所です。ヽ(´▽`)/


【Facebookのイベントページ】より、以下転載です。

Cimg0700_4_2


久しぶりに鶴舞公園にて、( ´∀`)人(´∀` )
ビーガン持ち寄りお花見会を開催します☆彡
 
riceball ベジやビーガンは勿論、そうでなくても興味があり、
ビーガン飲食物を用意できる方なら、どなたでもご参加頂けます。
 
ただ野外なので名札は無く、
まったりとご飯を楽しむ色合いの強いイベントになります
(余興等のご用意もありませんw)
 
当日は12時に、駅からスグの鶴舞公園「正面広場」へ集合して下さい。
(何か目印をこれから用意し、こちらで告知します)

12:05 には移動を開始します。
 
当日は、事前に主催メンバーが場所取りしています。
奥まった静かな場所でお花見しますので、
時間には遅れないようお願いします。
 
参加をご希望の方は、

3/28(水) までにこちらの参加予定にポチするか、

mailto nagoyavegan★gmail.com
(★を@に代えて下さい) まで参加人数をお知らせ下さい。
 

料理を人数に合わせて用意する方は、最終的な人数は 3/30(金) にご確認下さい。
 
【日時】 2018年4月1日(

          お昼12:00集合。(~適当な時間に終了解散)

 
【集合場所】 鶴舞公園 正面広場

 
住所:名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番168号
 

《Google MAP》 https://goo.gl/maps/4KExrtW6tC32

Photo_2

68556655_1281

【持ち物】

ビーガンご飯 (主食・オカズ・スイーツ・飲み物何でも可)と、マイ箸・マイ皿・マイカップ、敷物(あれば)、寒さ対策。
 

【申し込み締切】 3/28 (水)

(それ以降のご参加も可能ですが、人数分のお料理が足りなそうな場合、それは遠慮して下さい (^^;))
 
【その他】
ご飯の持ち寄り会なので、参加費は必要ありません。
ペットの参加も可能です。(苦手な人がいれば近づけない等、配慮して下さい。)
イベント中は禁煙です。
料理が苦手という方は、既製品や飲み物を持参頂いても構いませんが☆ 必ず100%植物性のみの、ビーガン飲食物でお願いします。

Cimg5829_r

【申し込み&お問合せ先】

Facebookイベントページ又は、

mailto nagoyavegan★gmail.com  (★を@に代えて下さい) までお気軽に♪

.
 
《鶴舞公園のサイト》
http://www.nga.or.jp/park/tsuru.html
 
主催:ベジライフ推進部

 

Cimg5836_r_3

Dsc078321_2_2

なお、雨天の場合は中止すると思います。

(もしくは屋内に移動する可能性は、検討中です…。)

週間天気が出たらまた書き込みますね。

.

なお現在の参加予定はgemini 10名。

添付画像は、過去開催時の様子ですheart01

 

 

 



|

« 【富山県】 3/21(水・祝) 富山初ベジフェス☆「Vegan Fest Toyama」開催!! | トップページ | 【漫画】アニマルライツでGO!vol.1 アニマルライツセンター会報 『ARC NEWS』2017春号より☆ »

最新ベジ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【富山県】 3/21(水・祝) 富山初ベジフェス☆「Vegan Fest Toyama」開催!! | トップページ | 【漫画】アニマルライツでGO!vol.1 アニマルライツセンター会報 『ARC NEWS』2017春号より☆ »